サウナで健康ととのい体験記

サウナをこよなく愛する男のサ活情報をお届けします。

リラクゼーション&スパ アペゼでととのうの巻

宿泊施設として使うのが正解

以前、何度か通ったことのある今池にあるアペゼに久しぶりに行ってきました。サウナの印象はあまり無かったのですが、今回はサウナリポートとしてしっかり堪能してきました。スパ料金が1,880円だったのですが、以前より値上がりした気がします。

アクセスについて

今池アペゼは地下鉄今池駅に着いてしまえば、とてもわかりやすい場所にあります。

とにかく今池駅8番出口を目指して歩いていきましょう。改札からそこそこ歩きます。

8番出口の階段を上がると目の前にはもうアペゼが見えます。ほんと目の前です。雨の日でもほぼ濡れずに入館できるので安心です。笑

サウナリポート

受付に鍵を預けてスパ料金のみ事前精算となります。

ロッカーキーを受け取って、2階にある男性用ロッカールームへ向かいます。2階には麻雀ルームや休憩ルームがあってのんびりしている人が多々いらっしゃいます。スパエリアは3階となりますので館内着に着替えて早速サウナへ向かいます。

ここの施設は湿式サウナ(低温サウナ)とロウリュサウナ(高温サウナ)の2種類が用意されています。低温サウナの方は50〜60度設定なので初心者向きのサ室になります。テレビも設置されています。

高温サウナの方は95度設定としっかり熱さを感じることができます。ここのサ室はなんというか独特の匂いがします。個人用サウナマットが置いてあるので、清潔感はありますが、元々敷かれているマットが赤色でなんとなくエキゾチックな印象を受けます。

1時間に1回、アロマロウリュとアウフグースという熱波師がタオルで室内空気を攪拌してくれるサービスがあります。ウェルビー栄のロウリュサービスより時間は短いですが、十分発汗作用を促してくれるので気持ち良い時間を過ごすことができます。

水風呂ですが、これまた2種類あって、一つは22度前後設定のぬるめの湯って感じの風呂ともう一つは三日月型で定員は5名が限界のかなり狭めの水風呂です。温度は14度前後なのでしっかりクールダウンはできます。

ととのいスペースはちょっと物足りないです。寝転がりスペースはありますが、窓が開いているもののあくまで室内なので、なんちゃって外気浴になります。ととのい椅子も4脚程度なので空いていることも稀です。

シメに炭酸泉にも入りましたが、他の施設の炭酸泉より炭酸量が少ない感じがしました。これもちょっと物足りない感がありました。

全体的にサウナを楽しむ施設というよりも、宿泊客メインの温浴施設っていう感じですかね。のんびり時間を楽しみたい人がご利用されるのが良いかと思います。

サウナの後のお楽しみ

1階に憩い処「ふじの郷」という飲食スペースがあります。今回は館内着のまま入室、メニューはかなり悩んでカツ丼を頼むことにしました。いつもはそんなに悩まないんですが、なんとなく決め手にかけるメニュー群だったので入口前のメニュー表のところで数分考えてから入りました。

赤味噌汁が付いていて、これが意外と美味しかったです。もちろんカツ丼も美味しかったですよ。サ飯としてベストチョイスだったかと言われると微妙ですが、お腹はちゃんと満たされました。

1,880円分、しっかり堪能できたかどうかと言われると微妙なところではありますが、名古屋で一泊するにはちょうど良い施設ではないでしょうか。

 

美容効果抜群!塩サウナでととのうの巻

意外と知らない塩サウナの正しい入り方

最も好きなサウナがフィンランド式湿式サウナの僕としては、塩サウナはオプション的な扱いでいました。ですが、先日訪れたキャナルリゾートの塩サウナ室で、かなりのととのい感覚と新しい魅力を発見しましたので、今回は塩サウナの正しい楽しみ方かをご紹介したいと思います。

塩サウナに入る前に身体をある程度温めておく

まず、塩サウナ室は一般的には低温度で高湿度です。(キャナルリゾートの塩サウナ室は80度と高めの設定でしたけど)

ですから、まず発汗を促すために予めお風呂に入って身体を温めておくことをおすすめします。長湯はせずに数分程度浸かってから塩サウナ室へ向かうといいでしょう。

いきなり塩を身体には塗らない

サ室に入ったら盛ってある塩をすぐに身体に塗りたくなる気持ちを抑えて、しばらく待ちましょう。入ってすぐ塩を塗ると、乾いた身体に塩を擦り付けることになるので、肌を痛めてしまう恐れがあります。身体から汗が出てき始めたタイミングが塩を塗るベストタイミングとなります。

塩を塗る、遠慮せず豪快に塗る

身体から汗が出てきたら、塩を塗っていきましょう。擦り付けるというより、優しく塗っていく感じで塩を身体に付けていきます。せっかくですから、遠慮せず塩はふんだんに使ってもらって構いません。

身体中に塩を塗り終えたら、塩が肌に溶けていくまでサウナ室で温まりましょう。サ室の温度や湿度にもよりますが、大体10分くらいでしょうか。塩が溶けて透明になるまで待つのが良いです。

サウナ後はシャワーで塩を洗い流します

塩サウナがある施設は大抵サ室を出たすぐ近くにシャワーが設置されていますので、そこで身体に付いた塩をきれいに洗い流してください。すでにこの時点で身体がすべすべになっていることを実感できるかもしれません。

シャワー後は、水風呂で火照った身体をクールダウンさせてください。気持ちいいですよ〜。

塩サウナの効果について

僕も正直言うと知らなかったのですが、塩サウナには美容効果があるそうなんです。なんでも、塩と汗が混ざった水分にはタンパク質を溶かす効果があるみたいで、毛穴の奥に詰まった皮脂や皮下脂肪、汚れなどを落としてくれる力があるです。

だから塩サウナに入った後はなんとなく肌がすべすべしてる感じがするんですね。これからは塩サウナ室があるサウナ施設では、シメに塩サウナっていう流れを作ると美肌になれるかもしれませんね。(特に望んでいるわけではありませんが・・・笑)

と言うことで、美容効果バツグンの塩サウナに正しく入って皆さんも健康になっちゃってください!

 

キャナルリゾートでととのうの巻【再訪編】

サウナを堪能するならリニューアルを待つべし

前回訪れた時もサウナと水風呂は改装中だったのですが、今回もまだ完成していなかったのでサウナエリアは縮小されたままでした。しかも、キャナル熱波サービスも終了、オートロウリュも中止ということでなんとなく物足りなさを感じてしまうと思います。

アクセスについて

前回は最寄りの駅から徒歩で向かいました。その時の説明は下記のブログをお読みください。

saunazuki.com

今回は、無料送迎バスを利用しました。栄や伏見からも出ているそうですが、僕は金山から乗車いたしましたので、乗り場の紹介をしておきます。

それ以外はキャナルリゾートのホームページに詳しく掲載されていますのでそちらをご確認ください。

シャトルバス/地下鉄をご利用のお客様 | Canal Resort【キャナルリゾート】

まず、JRなり名鉄なり地下鉄なりで金山駅まで到着したら北口を出て右手の信号を渡ってください。

渡った後に右方向へ進むとレストランDenny'sの角を左に曲がってください。

数十メートル歩くと右手に市バスのバス停がありますが、その辺りにお迎えのバスが来ますので待っていてください。

送迎バスに揺られて20分程度でキャナルリゾートに到着します。

前回は夜に来ましたのでライティングされていましたが、日中の入口はこんな感じです。相変わらず金かかってるなあ的な印象はしますね。

サウナリポート

冒頭に書いたようにサウナ増床工事はまだ完了していなかったので、前回と同様の縮小エリアにてサウナを楽しむことになりました。残念なことにあの強烈なキャナル熱波もサービス終了となっており、かつ前回よりも温度が低く80度程度の熱さでかなり物足りなさを感じてしまいました。

今回は時間もあったので、塩サウナ室にも入ってみました。こちらも温度は80度あり、いい感じの湿度でかなり心地よい塩サウナ体験をすることができました。ここの塩サウナは今まで体験した中でもトップクラスですね。

サ室を出てすぐ右側にシャワーがあるのでそこで塩を洗い流して、露天の高温ナトリウム塩化物温泉を堪能してから出てきました。

サウナエリアの増床と水深2Mの水風呂の完成とキャナル熱波の復活を待つばかりです。

サウナの後のお楽しみ

ここのフードコートは、有名店の味が色々と楽しめる豪華なラインナップが魅力ですから、何をサ飯に選ぶのか迷ってしまいますね。麺屋はなびのまぜそばにするか、ゴーゴーカレーにするか、そーれのあんかけスパにするか、はたまた牧島昭成氏監修のピッツァにするか・・・

今回は、フジヤマ55の二郎ラーメンを選択しました。生大と一緒に食べる二郎ラーメンはなんだかとても悪いことしてる気分になりましたが、お腹はとても満足しました。

さて、今回も中途半端なサウナでしたので、次回は改装工事が完了した頃に再度来訪したいなと思います。ありがとうございました。

 

天空 SPA HILLS 竜泉寺の湯 名古屋守山本店でととのうの巻

間違いなく温泉施設としては最高峰

いつかは行こうと思っていた竜泉寺の湯にGWということで行ってきました。バスで近くまで行かないといけないのでちょっと面倒だなと今まで敬遠していたのがその理由ですが、それが間違いだったことをすぐに思い知らされることになりました。

アクセスについて

JR線でも地下鉄でも構いませんが、まずは大曽根駅に到着したらガイドウェイバスゆとりーとラインに乗り換えです。エスカレーターで乗り場まで上がっていただきます。

中志段味行きと高蔵寺行きとありますが、どちらも竜泉寺まで行けます。降り口は「竜泉寺」です。その前に「竜泉寺口」という降り口がありますがそこではありませんのでご注意を。

竜泉寺のバス停を降りたら右側に向かって緩やかな上り坂を登っていってください。すぐに看板が見えてきます。

1〜2分も歩けば到着します。赤い枠の看板が左側に見えてきます。

やや重厚感のある建物です。広々とした駐車場が完備されていますので、自動車でお越しになる方も多いのでしょうね。

サウナリポート

まずは最初に入湯料のみ支払います。その後の諸々の精算は下駄箱の鍵で管理していきます。

早速サウナに入ってみました。大きさは十分20名は入れるかなと思えるほど広々としていましたが温度は85度でした。ちょっぴり物足りませんでしたが、30分に1度オートロウリュサービスがありますので、その時間帯になると満員状態になります。2重扉となっているので熱気が外に出にくくなっている点は良いなと感じました。

水風呂はサウナを出てすぐ左側にあり、6〜7名は入れるほどの大きさで、常に洗浄されているみたいで清潔感を感じました。水温は15〜16度で丁度いい冷たさでした。

そして、外気浴をしようと露天エリアに行ってみると、これがまた絶景で周囲を一望できる開放感、ととのい椅子の豊富さ、美泡壺湯が6つ、塩サウナ部屋と至れり尽くせりでびっくりしました。とにかく開放感が半端なかったです。ここでととのえないはずがない。

塩サウナも堪能してきました。正しい塩サウナの入り方まで大きな説明書きがされていて、サウナの説明看板といい、高濃度炭酸泉の説明看板といい、とにかく色々と説明が大きく表示されているなあという印象です。初心者にはとにかく親切ですよね。

壺湯も高濃度炭酸泉もひと通り温泉類も入ってきましたが、温泉施設としては間違いなく最高の施設だと感じた次第です。これでサウナが90度以上あったらもう言うことなしでしたね。

サウナの後のお楽しみ

ここは休憩エリアも広々としていてとにかくスケール感が素晴らしい施設です。

そしてここにもありました!最強飲料「雪印フルーツ」!ビールの前に思わず飲んでしまいましたがやっぱり美味い!

湯あがりキッチン「一休」というレストランでサ飯をいただきます。ここは素直に店の一番推しを注文。

生ビール大に器がやたら大きいカレーうどんをいただきました。辛さはそんなにありませんでしたが、熱々で美味しかったです。ビールもぐいぐい進みました。

竜泉寺の湯、なぜ今まで来なかったんだろうという後悔をしつつ、最高級の温泉施設を知れた喜びに包まれながら帰ってきました。竜泉寺の湯のホームページを見てみると、夜景も素晴らしい感じがしたので、いつか夜にも来てみたいと思いました。ありがとうございました。

 

サウナ北欧でととのうの巻

ドラマ「サ道」でお馴染みのサウナーのための施設

ラグビーの試合を観戦するために前泊で東京へ。泊まるのはここ、サウナ&カプセルホテル北欧です。ドラマ「サ道」で散々見てきた施設をやっと体験することができました。

アクセスについて

上野駅から徒歩1分と言うだけあって、すぐ近くでしたが出口を間違えると迷いますので注意が必要です。

中央改札口を出たらすぐ左側方面へ歩き、浅草口へと向かってください。

階段を降りると左手に横断歩道がありますので、それを渡って直進です。

すると名代富士そばがありますので、その角を左折してください。

左折すると数十メートル先の左手にサウナ・カプセル北欧の看板が見えます。

テレビで見た通り、真っ赤な建物です。近くまで来ないとわかりませんが、すぐそばで見ると目立ちますね。

エレベーターで6階まで上がるとフロントがあります。

フロント前には様々な著名人のサインで埋め尽くされています。ドラマ「サ道」の主役クラスの皆さんのサインはひときわ目立ってます。

サウナリポート

暖簾は逆でしたが、ここが入り口のようです。エレベーターでは行けない7階にありました。階段で上がっていきます。

中は鍵なしの脱衣所になりますので、貴重品などは持ち込まない方がいいです。自分の場所をわかりやすくするために付箋を貼っている人も多々お見えでした。

さて、お待ちかねのサウナです。テレビでも見ていたあのサウナ。どんな感じかと思いましたが、中はいたって普通のサウナでした。90度ちょいの温度でしたが体感温度としては不思議とそこまで高い感じはしませんでした。お客さまが多かったせいでしょうか。誰かが必ずセルフロウリュされていたので、手間が省けて楽ちんでした。笑

水風呂は冷たくて気持ちよかったです。シャキッとします。13〜14度といったところでしょうか。定員は5〜6名が限界の大きさです。

ととのいスペースもドラマで見た通りの光景で、近隣のマンションから見えてしまうほどの解放感がたまりませんね。上野の空が見渡せますよ。

ちなみにせっかくなのでトゴールの湯にも浸かって見ました。血行促進で腰痛や肩こり、筋肉疲労に効果があるそうです。温度はぬるめでしたので、熱いのがお好きな方は浴室内のジェットバスの方をご利用ください。

サウナの後のお楽しみ

レストランは5階です。サウナの後のビールはいつも格別です。そして、北欧と言ったら特製カレーライス。これを食べずして何を食べるといった感じで迷わず注文しました。

肝心の味は・・・いや、不味いわけではないですが、家庭の味に慣れてしまっている僕には嫁さんの作るカレーの方が口に合っているかもしれません。期待値が大きすぎたのかもしれませんね。笑

翌朝

カプセルで一泊して、翌朝もサウナに入りました。朝サウナの温度は95度とお客さまの数が若干少なかったせいか、夜に入った時よりも高めで気持ちよく入れました。朝はセルフロウリュがないみたいで、水桶が置いてありませんでした。

朝食付きのプランだったので、和定食をいただきました。

日本の朝はご飯に味噌汁、納豆ですよ。サラダに漬物、海苔まで付いてお得感バッチリの朝食でした。ご馳走様でした。

ということで、気持ちよくラグビー観戦に向かうことができました。あいにく途中雨が降ってしまいましたが応援しているクボタスピアーズは快勝してくれましたので気分良く名古屋へ戻ってくることができました。ありがとうございます。

また来るぜー!北欧!

2022年4月に行ったサウナ施設Best3

4月はよく通っている施設が多かった中での選出

今月から始めている当ブログ。通い慣れている施設の紹介も多くあって、評価が難しいところではありましたが、その中からベストな3施設を選んでみました。愛知にお住まいの方は参考にしてみてください。

第3位「天然温泉コロナの湯 半田店」


まあ、順当なところですね。通い慣れているという点が加点されていると言ってもいいでしょう。100度のサウナは時間帯が悪いと地元のサウナーが大挙するほど人気のサ室ですし、水風呂の大きさも魅力のひとつです。残念なのは狭い外気浴スペースに椅子がぎゅうぎゅうで4つしかないという点くらいでしょうか。サウナの締めは、天然温泉の炭酸風呂で身体を温めて、メガジョッキビールを飲んでととのい完了です。いつもお世話になってます。

第2位「湯〜とぴあ宝」

宴会場もある宿泊施設のような老舗施設ですが、サウナがとにかく綺麗だったのが印象的です。サウナの温度も95度と満足のいく熱さでしたし、外気浴スペースの居心地の良さはなかなかよかったです。テレビの音もなく静かに過ごせる竹炭サウナがあるのもおすすめポイントのひとつです。あと、本気の大きさの生ビール大は過去一の大きさでしたので、汗を大量にかいた方は是非ともお試しください!

第1位「ウェルビー栄」

ここはもう、盤石の1位です。圧倒的と言ってもいいですね。

とにかくフィンランド式を堪能できる「森のサウナ」をぜひとも全サウナーに味わっていただきたい。セルフロウリュもできるし、雰囲気も最高だし、静かな空間と木の香りが妖精トントゥの存在を感じさせる特別なサウナです。通常のサウナも1時間に一度、ストレッチサウナサービスがあって、熱波師が心地よくも熱い空気を送ってくれます。人によって差はあれど、気分スッキリととのえること間違いなしの施設です。

そして僕の一押し最強飲料「雪印フルーツ」が売っている点も見逃せません。名古屋の栄に来たら間違いなく立ち寄るべきスポットといっていいでしょう!

これからも究極のサウナ施設を探し求めていきます

と言うことで、4月は個人的には予想通りのBest3となりましたが、次回からは初来訪の施設も増えていくことでしょうから、どんな施設がサウナ心を刺激してくれるのかとても楽しみです。そして、サウナを楽しめる時間と心の余裕があることに日々感謝しながら過ごしていきたいと思います。ありがとうございます。

 

有松温泉喜多の湯でととのうの巻

最寄り駅から少し歩くけど好感の持てる施設

さて、今回は有松地区にある有松温泉喜多の湯さんに行ってきました。最寄り駅は有松駅ではなく、JR共和駅になります。

アクセスについて

まずはJR共和駅の改札を出て東口から右方向へ階段を降りください。

ロータリー端の道に沿って歩くと共和駅前という交差点が出てきます。

この交差点をまっすぐ進んでいただきます。基本的に喜多の湯さんまではこの道を直進していくことになります。

どんどん直進していくと途中で左にカーブを描くあたりの道で歩道がなくなります。車に注意しながら道なりにさらに直進してください。

しばらく歩くと右手に「ゆ」の看板が見えます。到着です。徒歩約15分程度かかります。

喜多の湯さんの外観です。落ち着いた佇まいが印象的です。

サウナリポート

下駄箱のロッカー、お風呂場のロッカー共に100円が必要になります。両替機が設置されているので問題はありません。

2階に上がると風呂場になります。男湯は階段登って左手にありました。右手が女湯です。

サウナですが、80度ちょいのまあまあ普通のサウナ室でしたが、階段状になっているため、下段の方は少し温度は控えめな印象を受けました。本日は開催されていませんでしたが、週に一度(火曜日らしい)ファイヤーサウナというイベントがあって、夕方から段々と温度が上がって100度くらいまでになるそうです。これはまた是非体験してみたいなと思いました。残念な点が1点だけあり、12分計が暗すぎて読み取れないということ。これはライティングなどで改善してほしいなと思いました。

水風呂はサ室を出たすぐ右手にあって、6〜7人がゆったり入れるほどの大きさでした。温度もちょうど良い16度くらいで気持ちよかったです。

露天のととのいスペースもしっかりあって、椅子が4脚、ベンチが2脚ありました。新幹線沿いの施設なので、目視はできませんが新幹線の通る音が時折聞こえます。

さらに、この施設も入湯料だけで岩盤浴が楽しめます。5名定員ですが、岩盤に湯が引かれていて寝心地はよかったです。少しリラックスしたいなと思う方には良い空間だと思います。

サウナの後のお楽しみ

なんとこの施設にもありました。最強飲料、雪印フルーツ!

これがあるだけで、この施設は優良施設認定決定です。笑

でも150円はちょい高いな。ま、あるだけで文句を言うべき点ではありません!素晴らしい。

お食事処、有松亭にてサ飯をいただきます。

まずお客さまが非常に多いという印象でした。今までの施設の中でも繁盛している部類に入ると思います。メニューも豊富で割とリーズナブルな印象です。

僕は今回、メガジョッキビールのお供にお好み焼きをチョイスしました。小ぶりながら熱々でとっても美味しかったです!

 

総じて今回の喜多の湯さんはとても良いサウナ施設だと感じました。

サウナーの気持ちを理解した設計だったと思います。JR共和駅から15分程度歩くというマイナス点を加味してもリピートしたい施設だったなあという感想です。ありがとうございました。